中国のネット規制回避方法まとめ

中国のネット規制回避方法まとめ

中国でSNSやGoogleにアクセスできないのは皆さんもご存知かと思います。
中国政府は、グレートファイアーウォール(Great Firewall)という検閲システムにより、LINEやFacebook、Googleなどを規制しています。理由は、情報統制や国産サービスの保護のためと言われております。

では、中国に出張や旅行に行く際も、普段使用しているSNSなどを使用するにはどうすればよいでしょうか。今回は、規制を避けることができる方法を4つ紹介いたします。

VPN

まず1つ目はVPN (Virtual Private Networks)です。

VPNとは、インターネット上に実質的な専用ネットワークを作り、外部を遮断して、そこを流れる情報を保護してくれるものです。WowowやDAZNのように、ある特定の国・地域限定にサービスを展開している、またサービス内容が国・地域ごとに異なる場合も、VPNを使用することにより対象地域外からもアクセスすることができます。

このVPNを使用することにより、中国で規制対象のサービスにもアクセスすることが可能です。

あわせて読みたい

ローミング

国際ローミングは検閲システムの対象外となります。そのため、タイで利用しているサービスをそのまま使うことができます。ただし、国際ローミングは定額のパッケージを適用せずに使用すると、高額な請求となる恐れがあるため、事前に国際ローミングのパッケージを申し込むことを推奨しております。

ベリーモバイルAIS回線をご利用の場合は、オンラインにてお申込みが可能です。詳細は下記の「合わせて読みたい」にある「【簡単申込】国際ローミング&データ通信On-Top、オンライン申込リニューアルのご案内」をご確認くださいませ。

あわせて読みたい

あわせて読みたい

ポケットWi-Fi「Skyberry」

弊社提供のSkyberryはクラウドSIM搭載のポケットWi-Fiのため、複雑な設定や操作を必要とせずに世界中どこへ行っても現地回線が使用できます。

Skyberryを中国にて使用する場合、規制対象外となっている香港の回線(China Unicom)に繋がります。そのため、いつも通りSNSをご利用いただけます。

あわせて読みたい

TRAVeSIM

モバイル通信プロファイルをネット上からインストールして使用するため、お申し込みから通信開始までをネット上で完結できるプリペイド型のグローバルeSIMです。従来のSIMカードの入れ替えは不要で、設定用のQRコードを読み込むだけで利用を開始できるため、他のサービスと比較しても手軽さや格安の料金を実現し、大変ご好評いただいている商品です。

●  5Gデータ通信、容量超過後も期間内は低速で使い放題!!
● オンラインで全て完結、最短1分でeSIMを入手可能!
● 高速、安定、セキュアに、140の国と地域でデータ通信可能!

あわせて読みたい

関連する記事

Go to top